エキゾーストマニホールドの役割とは

エキゾーストマニホールドは通称「エキマニ」とか「タコ足」と呼ばれるエンジンパーツの一つです。エンジンの動きは空気を吸って(吸気)、燃料と混和し、混合気を作製し、それを爆発させることで出力を得ます。そして、爆発後の燃焼ガスを排出する(排気)必要があります。その排気ガスの通り道の最初の一つがエキマニです。

 
エキマニはエンジンのピストン数(気筒数)だけ管があるのが一般的で、最終的にはそれらを一つにまとめてマフラーより排気します。この排気経路内の空気の流れがスムーズなほど排気効率が上昇し、エンジン効率の上昇に繋がります。またターボ車ではエキマニより排気される排ガスを使ってタービンを回す為に排ガスの流れがそのままタービンの性能を左右します。

本05
排気系統は複数のパーツで構成されているためにエキマニの交換はその他のパーツとのバランスも考慮する必要がります。そのために工賃やパーツ費用は高額になりやすいためにエンジン上級者向けのチューニングと言えます。その分、エキマニを含めた排気系統のチューニングはエンジンパワーの上昇を体感的に得られます。また空気の流れがスムーズになり排ガスの抜けも良くなるために、マフラー次第では吹き抜け音も大きく変わります。

コメントは受け付けていません。