可変排気システムって?

車はたくさんの構造からできています。従ってしっかりとその構造の仕組みを理解しておくと言うことが大切です。本07

 

その中で聞き慣れない言葉もいくつかあります。そのなかにエキゾーストマニホールドという物がありますが、これはどのような役割を果たしているのでしょうか。車にあるエンジンは空気を吸ってその空気を燃料に混ぜて混合気にして出力を得ると言うことを行っています。そしてこのときに爆発をしてできた燃焼ガスは、排気をする必要がありますが、この排気の際に最初に通る部分のことを言います。これは可変排気システムとも言いますが、この空気の流れをスムーズにする事によってエンジンの効率も上昇するのです。あまり聞き慣れない言葉ですが、この排気システムを総合してマフラーと呼んでいます。

 

 

しかしマフラーは排気システムの一部なので必ずしも全体を示していると言うことではありません。エキゾーストマニホールドは、エンジンが燃焼ガスを排出した際に一番最初にその燃焼ガスが出てくる部分となっています。たとえば4気筒のエンジンの場合これは4本あることになりますが、はじめは4本になっているところを最終的には1つにまとめるという役割を果たしています。

コメントは受け付けていません。