エアクリーナーのフィルター材(濾過材)による違いとは

車のエンジンルームに配置されているエアクリーナー。エンジンが調子よく働いてくれるためには欠かせないものです。エンジンはその内部で燃焼を行うために、空気を取り込みますが、外気を直接吸い込むと、ゴミや水分等までエンジン内部に入ってしまうことになり、重大な故障の原因となってしまいます。そこで、エンジン手前にフィルターを置いて、異物を取り除いたキレイな空気を送り込むことで、エンジンがスムーズに回るよう保護しています。

gf0110094133l
ひとくちにフィルターといっても、材質や表面の状態によりいくつかの種類があります。材質的には、紙のようなタイプのものとスポンジタイプのものがあります。紙のタイプは波型に折りたたんで、より多くのゴミをキャッチ出来るように工夫されています。表面の状態とは、いわゆる湿式と乾式のタイプのことで、湿式のタイプは専用のオイルをしみこませることで、ゴミをより捕らえやすくしていますが、その分目詰まりが乾式タイプより早く起こりやすく、清掃して再使用するには向かないため、ある程度汚れると交換となります。乾式タイプの場合は、空気圧で飛ばしてもうしばらく使用することも可能ですが、表面がささくれたりして傷んでくると集塵能力が落ちてくるので、表面の様子を見て交換の判断をします。

コメントは受け付けていません。