‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

不織布のルーバータイプの特徴

2014/10/28

防塵性や耐水性などを自動車の内部に採用することで、高性能な状態を常に保っていくような方向性を見出していくことが可能になります。

 

不織布のルーバーはろ過の原理を上手く使った非常にバランスが取れているシステムであって、それにあった素材を各メーカーでも採用する動きになっています。また、余分な塵や埃を食い止めるような効果を発揮しているエアクリーナーは、エンジン部分のエアコンに近い位置に設置されることが多く、きれいで澄み切った空気を車内へ取り込むような重要な役割も担っています。こうした用途を自動車の中で行っているということで、定期的にするメンテナンスにも良い効果がもたらされています。さらに、お気に入りの車種をいつまでも長持ちさせるようにするための工夫でもあるため、ルーバーの長所を知っておくようにすることが大事なのです。車内に良い空気を送り込むようにすることで、運転時の負担を軽減していくようなことにもつなげていくことが見込めます。

 

 

これまでの内容をしっかりと把握しながら、エアクリーナーの種類についてじっくりと検証していくことが大事になるのです。ちなみに、エアエレメントおよびエアフィルタもこの類の用語なのです。

スポンジ(ウレタンフォーム)タイプのメリット・デメリット

2014/10/28

スポンジは自然に存在する海綿を指します。

 

 

食器洗い・クッション等に用いる海綿状のゴムや樹脂製品をよぶこともあります。天然に存在するものです。ウレタンは化学製品として作られたものです。一般的にフォーム・発砲体と呼ぶこともあります。こちらも食器洗い、クッション等で幅広く使用されています。ウレタンフォームは、化学製品の一つです。柔軟性があり、クッション性、衝撃吸収性に優れた素材です。いろいろな形状に裁断・加工が可能です。軽くてカット・スライス・打抜加工などが容易にでき薄いシート状のものから定形品まで幅広く対応できるものもあります。要求に応じて発泡剤や配合剤の組み合わせ、配合比率等によりさまざまな用途に必要な性能が提供可能です。お部屋の反響音防止や簡易防音、音場調整材としてオーディオ音調や室内吸音などに使用できる内装仕上吸音材です。高密度で耐候性に大変優れている高機能の素材です。難燃性です。通常の物は1年程度で表面が劣化しボロボロになります。

 

 

これは、耐候性と密度を高めて内装用吸音材に適した素材となっています。加工性も良く、繊維も飛散しません。型崩れもしません。室内吸音・オーディオ音調・反響騒音防止・DIY素材として、吸音・防音材として大人気です。

gf1120082666l

エアクリーナーのフィルター材(濾過材)による違いとは

2014/10/28

車のエンジンルームに配置されているエアクリーナー。エンジンが調子よく働いてくれるためには欠かせないものです。エンジンはその内部で燃焼を行うために、空気を取り込みますが、外気を直接吸い込むと、ゴミや水分等までエンジン内部に入ってしまうことになり、重大な故障の原因となってしまいます。そこで、エンジン手前にフィルターを置いて、異物を取り除いたキレイな空気を送り込むことで、エンジンがスムーズに回るよう保護しています。

gf0110094133l
ひとくちにフィルターといっても、材質や表面の状態によりいくつかの種類があります。材質的には、紙のようなタイプのものとスポンジタイプのものがあります。紙のタイプは波型に折りたたんで、より多くのゴミをキャッチ出来るように工夫されています。表面の状態とは、いわゆる湿式と乾式のタイプのことで、湿式のタイプは専用のオイルをしみこませることで、ゴミをより捕らえやすくしていますが、その分目詰まりが乾式タイプより早く起こりやすく、清掃して再使用するには向かないため、ある程度汚れると交換となります。乾式タイプの場合は、空気圧で飛ばしてもうしばらく使用することも可能ですが、表面がささくれたりして傷んでくると集塵能力が落ちてくるので、表面の様子を見て交換の判断をします。

むき出しタイプのメリット・デメリット

2014/10/28

エアクリーナーは大きく分けて二種類に分類できます。まず純正タイプはケースの中にフィルターが入っています。吸気効率の良いアフターパーツで販売gf0110053994lされているものは純正のエアクリーナーのフィルターより吸気効率が良い素材が使われていますのでこのフィルターを交換するだけで性能を上げることができます。メリットは安価で手軽に交換することができます。純正品との互換性がよいところです。デメリットはハイパワーには容量が不足してしまいます。

 

 

もう一つのむき出しキノコ型と一般に言われるタイプがあります。これは純正のエアクリーナーのボックスを取り外して取り付けることになります。メリットは純正のボックスを取り外すので純正タイプよりより多くの吸気効率を実現できます。デメリットはボックスがなくなるのでエンジンルームの熱気をそのまま吸ってしまい吸気温度が上がり酸素密度の低下によりトルクダウンしてしまうことがあります。遮熱版などで対策が必要になります。また特徴としては純正ボックスがなくなるため遮音性がなくなるので吸気音が大きくなります。

 

 

両方ともスポンジやステンレスのメッシュ、不織布などフィルターの素材の種類があります。素材によっても吸気効率や濾過などの性能に違いが出てきます。

純正ケース使用の互換タイプ(エレメントタイプ)について

2014/10/28

エアクリーナーには様々なタイプがあります。

 

特にとても人気が高いものとして純正ケース使用の互換タイプであるエレメントタイプがあります。こうしたタイプの特徴は汚れたら掃除をしてまた使うことが出来るということです。何度でも利用することが出来ると言うことが最大の特徴であり、人気の要因となっています。こうしたエアクリーナーはとても人気のあるものになっています。こうしたタイプの製品はとても多くの人に支持されているものになっています。何度でも使えるということもそうですが、性能が高いということも確認されています。使用していれば汚れてしまったりすることも当然ありますが、こうしたエアクリーナーは常に清潔を保つということが必要になります。性能や価格面で満足することが出来るということが純正品の最大のメリットだとされています。

 

 

きちんとした製品を活用することで確かな成果を得ることが出来るようになっています。こうした純正品であるということは、とても大事なポイントであると言えます。こうした製品には専用の油なども販売されてるのでこうした油を再度塗ることでさらに性能を向上させていくことが出来るとされています。重要なのはメンテナンスをきちんとすることです。

本09

エアクリーナーの種類について

2014/10/28

自動車は、空気をエンジンに取り入れて燃料であるガソリンと混合させたものを、燃やす事でエネルギーを取り出して、動いています。

 

本08

エンジンに空気をとり入れる事を吸気と言いますが、その際に重要な役割を果たしているのがエアクリーナーです。これはエンジン内部に、ゴミや埃、ちりなどが入る事を防いでエンジンの破損を防ぐ意味で非常に重要です。また、空気の流量が変わる事でエンジンの特性が変わったりするため、チューニングを行う際に交換する部品の定番でもあります。ここでは、その種類について説明します。一般的に新車に搭載されている物は、純正交換タイプと呼ばれています。このタイプのクリーナーは、四角いプラスチックの枠に紙や不織布を何層にも重ねたものを貼ったものが非常に多いです。純正タイプでは、燃費性能と動力性能及び、エンジンの耐久性を考慮して最適な設計がされています。アフターパーツとして売られているものには、一般的にキノコタイプと呼ばれるものがあります。これは、純正交換タイプがクリーナーボックス内部で使用される事が多いのに対して、エンジンルーム内でむき出し状態で使用されます。また空気に触れる面積も広く、空気流量も多くなっており、エンジンの出力向上が期待できます。

 

 

このように、性能と耐久性のどちらを優先させるかで、使用するタイプが決まります。

可変排気システムって?

2014/10/28

車はたくさんの構造からできています。従ってしっかりとその構造の仕組みを理解しておくと言うことが大切です。本07

 

その中で聞き慣れない言葉もいくつかあります。そのなかにエキゾーストマニホールドという物がありますが、これはどのような役割を果たしているのでしょうか。車にあるエンジンは空気を吸ってその空気を燃料に混ぜて混合気にして出力を得ると言うことを行っています。そしてこのときに爆発をしてできた燃焼ガスは、排気をする必要がありますが、この排気の際に最初に通る部分のことを言います。これは可変排気システムとも言いますが、この空気の流れをスムーズにする事によってエンジンの効率も上昇するのです。あまり聞き慣れない言葉ですが、この排気システムを総合してマフラーと呼んでいます。

 

 

しかしマフラーは排気システムの一部なので必ずしも全体を示していると言うことではありません。エキゾーストマニホールドは、エンジンが燃焼ガスを排出した際に一番最初にその燃焼ガスが出てくる部分となっています。たとえば4気筒のエンジンの場合これは4本あることになりますが、はじめは4本になっているところを最終的には1つにまとめるという役割を果たしています。

排気洗浄作用について

2014/10/28

エキゾーストマニホールドの役割は、排気をひとまとめにしてパイプへ接続する役割を持っているものであり、排気系のアイテムでは必要になっていくものです。排気の収束を担うことが主であることから、部品レベルできちんと見ていくことも必要となります。特に乗用車はガソリンをはじめとする燃料をベースにして走行していくものであるため、排気ガスを指定の基準地内で抑えて外へ出していくということが求められるのです。

 

そこで、こうした一連の動きに関連していくのが「排気洗浄作用」という存在となるのです。乗用車はいくつものパーツの集合体で完成したものであるので、マフラーの質やエンジン部分に近いところで活躍するエキゾーストマニホールドの出来が重要な意味合いを持つことにもなっていくわけです。同時に高温にも耐えうるくらいの丈夫さが両者には必要になっていくため、腕利きの事業者が担当する部品を採用していくようにすることが大事なのです。環境問題が深刻になりつつある中、乗用車の排気ガスについても真剣に考えていくようにすることが問われています。

 

 

排気の仕組みを基礎の基礎から確認する行動を持つことにより、性能を存分に発揮していくことも可能なのです。

本06

エキゾーストマニホールドの役割とは

2014/10/03

エキゾーストマニホールドは通称「エキマニ」とか「タコ足」と呼ばれるエンジンパーツの一つです。エンジンの動きは空気を吸って(吸気)、燃料と混和し、混合気を作製し、それを爆発させることで出力を得ます。そして、爆発後の燃焼ガスを排出する(排気)必要があります。その排気ガスの通り道の最初の一つがエキマニです。

 
エキマニはエンジンのピストン数(気筒数)だけ管があるのが一般的で、最終的にはそれらを一つにまとめてマフラーより排気します。この排気経路内の空気の流れがスムーズなほど排気効率が上昇し、エンジン効率の上昇に繋がります。またターボ車ではエキマニより排気される排ガスを使ってタービンを回す為に排ガスの流れがそのままタービンの性能を左右します。

本05
排気系統は複数のパーツで構成されているためにエキマニの交換はその他のパーツとのバランスも考慮する必要がります。そのために工賃やパーツ費用は高額になりやすいためにエンジン上級者向けのチューニングと言えます。その分、エキマニを含めた排気系統のチューニングはエンジンパワーの上昇を体感的に得られます。また空気の流れがスムーズになり排ガスの抜けも良くなるために、マフラー次第では吹き抜け音も大きく変わります。