エアクリーナーの種類について

自動車は、空気をエンジンに取り入れて燃料であるガソリンと混合させたものを、燃やす事でエネルギーを取り出して、動いています。

 

本08

エンジンに空気をとり入れる事を吸気と言いますが、その際に重要な役割を果たしているのがエアクリーナーです。これはエンジン内部に、ゴミや埃、ちりなどが入る事を防いでエンジンの破損を防ぐ意味で非常に重要です。また、空気の流量が変わる事でエンジンの特性が変わったりするため、チューニングを行う際に交換する部品の定番でもあります。ここでは、その種類について説明します。一般的に新車に搭載されている物は、純正交換タイプと呼ばれています。このタイプのクリーナーは、四角いプラスチックの枠に紙や不織布を何層にも重ねたものを貼ったものが非常に多いです。純正タイプでは、燃費性能と動力性能及び、エンジンの耐久性を考慮して最適な設計がされています。アフターパーツとして売られているものには、一般的にキノコタイプと呼ばれるものがあります。これは、純正交換タイプがクリーナーボックス内部で使用される事が多いのに対して、エンジンルーム内でむき出し状態で使用されます。また空気に触れる面積も広く、空気流量も多くなっており、エンジンの出力向上が期待できます。

 

 

このように、性能と耐久性のどちらを優先させるかで、使用するタイプが決まります。

コメントは受け付けていません。